• HANAIプロダクション

NA花井盛彦手話教室【NA】入門 7月15日(水)

こんばんは、スタッフの西島です。

今日の【NA】入門クラスは対面レッスンです。


体験レッスンの生徒さんと一緒にスタートです。

数字から始まり、語彙、形や空間の練習をしていきます。

今まで、たくさんの手話未経験の体験レッスンの方とお会いしていますが、初めてなのに数字が得意だったり、空書が得意だったり、本当に人それぞれ。花井先生は、一人ひとりを見て、その時の全員に合ったレッスンを進めてくれます。


数字を覚えたところで、数字と動きや表情を練習していきます。気温が30度だと夏日です。35度だったら猛暑。じゃあ、40度なら?それをレベルをつけて表現していきます。30度→暑い。40度→暑っーい。文章では伝えきれないニュアンスを表情や動きで表して語彙を広めていきます。


後半は「家の中にあるもの、どんな?」です。ドアノブの形、電気の形、スマホの形なんかを伝えていきます。スマホの四隅が丸めか、角ばっているのかを質問しますが、どっちも同じように見えたり、歪んで表現してしまっています。

生徒さん同士で形を空間に表現し、真似してもらいますが、もっと上が小さかったり、幅が違ったり、きちんと「見て捉える」事ができていない証拠です。やってみて初めて痛感しますが難しい。自分では完璧に真似できてるつもりでいますが、いざ交代をして真似をされると「えっ!全然大きさが違うよ」と思ってしまいます。


体験レッスンの生徒さんは、他にもフラダンスを習っているそうです。フラダンスは表情やハンドモーションという手の動き、足のステップでその歌を表現するそうですが、照れ屋さんでしっかりと物事を習得する癖の多い日本人は、表現力が足りない!と壁にぶち当たるそうです。表情も、嬉しい時に笑えば良いだけではなくて、様々なニュアンスが必要なんだとか…。日本手話の大切な事と似てますよね。


今日で一週目のレッスンは終了です。まだまだ体験レッスン受付中!お待ちしてます!


読んでいただいてありがとうございます!


《 ♡ 》マークの応援クリックお願いします^^