• HANAIプロダクション

NA花井盛彦手話教室【NA】初級 10月10日(土)

こんばんは。まつ吉です。


対面・リモート【NA】初級クラス

リモート2人、対面3人でレッスンです。全員の名前の確認をした後、リモートと対面レッスンのルールを確認します。 対面レッスンの生徒さんは、先生が話している時は先生を見ます。室内にいる生徒さんが話している時も同じです。 また、リモートの方と話す時は名前を伝え、指名したり話していきます。 隣にいる生徒さんが話しているのに、画面越しでその生徒さんを見てしまったり…視野を広く持つ事が大切になります。 さて、レッスンの始めは、1人が他の人を指名して質問をします。 「今日は一日雨だけど、何した?」 「手話サークル、何人?」 「最近、興味あることは何?」 「手話の勉強はどれくらい(期間)?」 なんでもいいので質問していきます。 何人?どれくらい?いつから?などの質問(WH疑問文)ですが、手指表現を行わずに顔、首、眉(NMM、NMS)などの動きで表していきます。 「手話/勉強/始める/いつ?」この「いつ?」の質問の時、手は「いつ」を手指表現、顎を引き眉を上げます。こうする事で、疑問文になります。 「最近/ 趣味/ 何?」 この「何?」を手指表現ではなく、眉毛を上げ、首を少し左右に振ります。 眉、顎、首、顔の動きで会話ができる…と考えると、とても興味深いし面白いですよね。 急にはできないので、慣れるまでたくさん表現をして練習するのが大切です。 その後は、「見栄を張る」の表現を勉強しました。「見栄」の表現は、左手を開き手の平は自分に向けて胸の辺りへ。右手は五本の指を曲げて下に向け手の甲を左手の甲にくっつけるように動かします。 生徒さんの1人がこの表現が分からなかったので、みんなで例文を出して説明していきます。 ◆貧乏なのに、見栄を張ってお金持ちのような装いをする ◆弱い男性が見栄を張って強がる ◆アメリカの○ランプがコロナに感染後、元気だ!と言ってるけど見栄を張っている みんながそれぞれ例文を出し、手話の意味を掴んでいきます。分からなかった生徒さんも、最後に意味を掴んでいました。 NA花井盛彦手話教室では、単語の意味を直ぐには教えていきません。何故なら直ぐ忘れてしまうから。自分で想像力を働かせ考え工夫します。繰り返し行う事で、体で手話を覚えていきます。 これから3ヶ月間頑張りましょうね。 今日はお疲れ様でした。

読んでいただいてありがとうございます!!


《 ♡ 》マークの応援クリックお願いします^^