• HANAIプロダクション

翻訳チャレンジ #15 結果発表

翻訳チャレンジ 優秀者発表!


第15回  読取り翻訳チャレンジ #15 お名前                      よしのすけさん 獲得ポイント            5point

【講評】 前回同様、読み取りに思い込みが少なく、的確でした。

①で犬から逃げるときに、3段階で「慌てて」「猛スピード」「力の限り全速力」とわかりやすく表しています。

①で「その出来事がきっかけで犬が苦手になった」と勘違いしている人が多い中で「あの時は犬が苦手だった」と訳せています。

②で「単語」のところを「整理する」と訳している人が多い中、「語彙力」と訳しています。

【減点対象】

全体的に余分な訳はありませんが、逆に翻訳力が不足しています。

①で3段階で表していますが、犬は段々近づいてきています。犬との距離感と本人の焦る様子の描写がもう少しあると良かったです。

②で「講演」と訳しています。他の方も同じですが「講演会、講習会」とは表現していませんので「講演」に限らずに自分の知識を披露しているところを読み取れるとより良かったと思います。

また、時間内ではありますが翻訳は正確さにプラスしてスピードも大切です。アップした時間がもう少し早ければ、高得点を狙えたかもしれません。

次回も高得点を目指して頑張ってください。


おめでとうございます!



みなさまチャレンジありがとうございました。

今回は大まかな流れに差はなかったものの、微妙なニュアンスを翻訳しきれずに、表現者が表したい事を正確に翻訳できていなかった印象です。単語にこだわらずに文脈を読み取っていきましょう。

日本手話は奥が深く、面白いですよね。CL、NMS、NMMを読み取れるかが大きなポイントになります。

間違えていても構いません。次回もたくさんのチャレンジ、お待ちしてます。


皆さんも字幕をヒントに、声に出して読むことで、抑揚やリズムを意識したり、想像して深みのある翻訳を目指してみてくださいね。 【よしのすけさんの翻訳】

①俺が小学校2、3年の頃だったと思う。自転車で走っているとふっと横を見ると犬が並んで走ってくるんだよ。えっ(汗)と思って、慌ててスピードを上げたんだ。それでも横を見ると、並んで走って来るんだよ!こりゃ、大変だ‼︎猛スピードで漕いで逃げたんだけど、犬も同じ速度で付いてる来るんだよ!これは本当にまずい‼︎‼︎力の限り全速力で漕いで逃げようとしたら、ズデーンっ!自転車ごとコケちゃったんだよ。あっと思って犬を見たら、犬も黙ったまま知らん顔して向こうに行っちゃったんだよ。俺は、両肘両膝を擦り剥いちゃってマジで痛くてさ、倒れた自転車を起こして帰った懐かしい思い出があるよ。本当あの時は、犬が苦手だったよ!その後高校の時に友人達から、犬が苦手なんだろうってバカにされてさ、悔しくて、犬嫌いを克服してやろうと思ってさ、見つけた犬にどうしようか迷ったけど、勇気を出して恐る恐る触ったりして、他の見つけた犬達を触ったりして慣れていったんだ。そして犬を好きになったんだよ。 あっ、でも、本音を言えば、猫の方が好きなんだけどね。 ②彼は、本を熟読し、テレビをじっくり見て情報をしっかり理解して、他の人達が話をしているのを見つけると、ちょっといい?とそこに参加して意見交換をし合ったりした。そういうところで得た情報を拾い集めて、自分の情報力を蓄えて、語彙力を増やし、講演していった。それを見ていた聴衆は、表現力全てが分かりやすく感心するばかりだった。彼の情報力は、凄いよ!膨大な知識は、凄過ぎるよ!