• HANAIプロダクション

NA花井盛彦手話教室【NA】入門 1月17日(金)

こんばんは、西島です。

今日の【NA】入門クラス。一人の生徒さんが教室に来る途中、電車内で寝過ごしてしまったそうです。

電車に乗って途中で寝てしまい、三軒茶屋駅を通りすぎ知らない駅に到着。

慌ててホームに降りて、逆方面の電車を探して電車に乗り、しばらくして三軒茶屋駅にようやく到着…と表現しました。

しかし、文が長くなってしまい、途中で何が言いたいのか自分でも分からなくなってしまったそうです。

手話単語を淡々と並べて説明するのではなく、ありのままの起こった事実を表情やCL、NMSを意識して表現すれば簡潔で伝わりやすくなります。

次にデフリンピックの話です。 オリンピックやパラリンピックは認知度は高いですが、デフリンピックは知らない人が以外と多い…。

デフという言葉を聞いて、え?デブ?と思ってしまう人もいるんだとか…。


次は「ある」という単語です。 なんだか便利なので、つい安易に「◯◯がある」と、手を前に出すような表現をよく使ってしまいます。

「本がたくさん置いてある」

「家がたくさんある」などを「本/たくさん/ある」と単語を並べずに、CLを使って本がたくさん重なっている様子や家が立ち並んでいる様子などを表すと、「たくさん」のレベルも一緒に表現する事ができますね。


レッスンではSNSの話も出ました。

Instagram、Facebook、Twitter、LINE。色々ありますが、特徴を手話で説明していきます。写真系、日記系、チャット系…なんて別れてるらしいです。

では、ホームページとの違いは? イメージ的にホームページやTVの情報は正確で、SNSやインターネットは嘘も含まれているような…。 でも何で?が説明できません。

ホームページは、有料なので、架空の事ばかりをわざわざお金を払って載せない。なんて話も出ました。


NA花井盛彦手話教室では、決まった教科書に沿ったレッスンではないので、色んな情報を手話のみで学んでいきます。なので、応用力が身に付き、入門クラスでもろうと会話がスムーズにできますね。

今日もお疲れ様でした!

読んでいただいてありがとうございます!


《 ♡ 》マークの応援クリックお願いします!