top of page
  • 執筆者の写真HANAIプロダクション

NA花井盛彦手話教室【NA】入門 1月23日(月)

こんばんは、スタッフの西島です。


今日の【NA】入門クラスは、空書で伝えた言葉を手話にしていきます。 波、蟹、沼、トンネル、布団、銀行、時計、スイカ、花火、ドラム、車、水 「手話ではどう表現する?」 そう聞かれて、自分の思うイメージを答えていきます。 参考書に載っている単語だけを覚えても、会話は上達しません。 なぜなら、参考書に載っている単語以外にも、地域で違いがありますし、第一言語が手話のろう者でも、その単語を知らない人は結構いたりします。 手話単語を覚えることは上達する上では大切ですが、それで伝わらなかった時や、伝わっている実感がなかった時には方法を変えて伝える必要がありますね。 「スイカ」 切る前の丸くて縞模様を表現したり、食べて種をプップッと出すところを身振り手振りで伝えます。 目隠ししてバットでスイカ割りもわかりやすいですね。 「水」 コップから飲む仕草をしたり、蛇口を捻って手を洗ったり、(プールで)泳いでも良いですね。 最後は「果物」です。 画面に並んだ12種類の果物。 りんご、レモン、オレンジ、さくらんぼ、洋梨、バナナ、スイカ、桃、イチゴ、ブドウ、キウイ、ブルーベリー 4列3行で並んでいます。 自分の中心から左側にりんご、レモン。右側にオレンジ、さくらんぼ。 相手も同じ空間を自分の前の空間に描きます。 聴者がよく使う「あっち、こっち、そっち」の感覚に似ています。「あっち」がどっちなのか?空間を共有認識しましょう。 最後はフリートークです。 食べ物で何が好き?バナナとイチゴはどっちが好き?イチゴ、何個食べられる? 知ってる単語と身振り手振りを駆使して盛り上がりました。 今日もお疲れ様でした。

読んでいただいてありがとうございます!


《 ♡ 》マークの応援クリックお願いします^^

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page