• HANAIプロダクション

NA花井盛彦手話教室【NA】入門 7月22日(水)

こんばんは、スタッフの西島です。


今日の【NA】入門クラスは対面レッスン。前半は空書と指文字です。

空書は「形」を見て取れますので、ズレが少ない方法の一つですよね。 空書も数字などと同様、慣れが必要です。 自分が書く時も相手に見えやすい様に、空間や位置、角度を意識します。

空間や角度を最初にきちんと学んでおくと、相手が例えば片手(傘や荷物を持ってる状況)でも、面と向かっていなくても読み取れる様になるので不思議です。



後半のテーマは「場所」。 手話や身振りで表現したら、空書と指文字で答えます。

駅は、電車に乗っていてドアが開き、降りて「ここ!」と指差しします。 本屋は、本と表現したら買うのか借りるのかが重要です。

公園は、ブランコや滑り台などを表していきます。 途中で「公園で好きな遊具何だった?」と雑談タイムへ。ブランコの漕ぎ方をCLで表したり、砂場でどんな遊び方をしたか?など、どんどん話していきます。


言語は使うことで身についていきます。間違えてたら恥ずかしいなんて思わずに、どんどん発言していきましょう。

その後の初級クラス(30分)でも「地域での表現」が話題になりました。

手話単語は地域で単語に多少の差はあっても「こうでなければいけない」という決まりはありません。

NA花井盛彦手話教室で「より良い」ものを一緒に求めていきましょう。

今日もお疲れ様でした!


読んでいただいてありがとうございます!


《 ♡ 》マークの応援クリックお願いします^^