• HANAIプロダクション

NA花井盛彦手話教室【NA】入門 7月29日(水)

こんばんは、スタッフの西島です。


今日の【NA】入門クラスは、対面レッスンです。

数字でウォーミングアップをしたら、指文字でしりとりをします。単純に指文字だけではなく、指文字で伝えたら、次の人は身振りや手話で確認します。そうする事で例えば「雲」なのか「蜘蛛」なのかのズレも防げますね。 「ゴマ」→すり鉢に入れてゴリゴリする様子で「胡麻?」と確認します。 「マサカリ」→金太郎の持っているアレですね。斧との違いは刃が小型な事。CLが活躍します。 「陸上」→ハードルを表現します。それだけだと「陸上」には辿り着かないので、他の競技も2、3追加しましょう。

どんなのがある?と一人づつ陸上競技をあげていきます。 長距離、リレー、高跳び、幅跳び、砲丸投げ…たくさん出てきます。身振り手振りのみだと全身を使わなくては上手く表現できないものもあります。教室なので全身で表現しても恥ずかしくはありませんが、もしここが公共の場だったら…大きく全身を使うのは恥ずかしいですね。

そこはCLと併用していきましょう。 「ウサギ」→耳や尻尾などの特徴を表します。 「キス」→接吻の方で合ってますが、指文字だけだと魚の鱚(キス)もありますね。 後半はCLです。

スポーツで使うボールの大きさを表していきます。ボールによっては2D、3Dと使い分けていきましょう。 馴染みのあるスポーツのボールでも、生徒さんの認識はそれぞれ違っています。他の人のボールと自分のボールとをよく見て比べてみましょう。

その後、ペットボトル500mlの大きさや形。家の目覚まし時計。スマホのカメラ等、自分達で考えて出題もしていきます。

今期から始めて、まだ3回しかレッスンに出ていないのに、この内容を学ぶのは本当に内容が深いですよね。もし、手応えの自覚がなくても、必ず身についています。焦らず楽しんでいきましょう。 お疲れ様でした。


読んでいただいてありがとうございます!


《 ♡ 》マークの応援クリックお願いします^^