• HANAIプロダクション

NA花井盛彦手話教室【NA】初級 10月21日(水)

こんばんは、スタッフの西島です。


今日の【NA】初級クラスは質問や受け答えです。 「身長何センチ?」(身長、疑問の首振り) 「163センチ」(163) 「ふーん、へー、意外と高い、小柄で可愛いなど、好きなリアクション」 「あなたは?」(指差し) 決まった文章を丸暗記する訳ではなく、例えば相手が16センチと間違えてしまったり、冗談で190センチと言ったときにはそれに合ったリアクションをしていきます。 応用して靴のサイズを質問します。 今度は「えーっ!24?近い!私は24.5」と驚いたリアクションを練習しました。 「靴のサイズ何センチ?」 「24」 「えっ!24?ほんと?私は24.5!近いね〜」 このとき、相手の24センチは自分から遠い(相手に近い場所)で表現し、自分の24.5は自分に近い場所で表現します。 手話は位置が重要です。 みなさん、この大袈裟?なリアクションに照れ笑いや堪えきれずに笑ってしまいますが、これは「靴」だから面白いのであって、もし「誕生日」だったら凄く自然な会話ですね。1日違いだったら「えっ!近い!」とビックリしますもんね。 NA花井盛彦手話教室では、表現をする伝え手だけでなく、聞き手も色々と学ぶ事があります。 「正確に読み取らなきゃ」「レッスンについていかなきゃ」と眉間にシワを寄せ、首を傾げながら参加してしいる生徒さんをたまに見ます。とても気持ちがわかりますし、私も今だにそうなってしまう時があります。 「怒ってるの?」と誤解されやすいですし「聞いてる?」と相手は不安になりますよね。 レッスン中は、耳からの情報がない分、視覚は重要です。頷く、笑う、怒る、困るを的確に表出しなくてはいけません。決して「いつもニコニコ機嫌よくして」ではありません。 相手に興味を持ち、相手の言葉を自分に取り入れ、どう感じるかを素直に出す事が重要です。 その壁を超えることができると、表情豊かな魅力的な人に近づけるかな?と私も毎日意識をしています。 今日もお疲れ様でした。

読んでいただいてありがとうございます!!


《 ♡ 》マークの応援クリックお願いします^^