• HANAIプロダクション

西島コラム #25

最終更新: 5日前

こんばんは、西島です。

今日で最後の鶴見総合高校での講義。

テーマは都道府県です。

空書で思いついた県名を一人が書き、前に出た五人の中から、わかった人がホワイトボードに書いていきます。後ろで見ている他の生徒さんたちも、熱心に見ています。何とか47箇所書けたら、手話単語を覚えていきます。今度は一対一。一対一だと「勝負」の様な気分になるようで、みんな張り切ってきます。 その後は覚えた都道府県を使って「出身地どこ?」の質問と答え、反応を学んでいきます。

次は「趣味は何?」 音楽鑑賞、演奏、ゲーム、食べること、寝ること、Instagram、ランニング、パズル、YouTube。 どうやって表すのかわからないものも、身振り手振りを駆使して伝えます。 パズルの時は、花井先生以外は誰もわからなかったのに、花井先生にわかってもらえて「え?すごっ!通じた!なんでわかるの?」と生徒さんもビックリ。想像力を磨けば、花井先生の様にすぐにわかるのかもしれません。

次は「血液型何型?」 どの世代でも盛り上がります。 「えー、見えない」「あっ!同じ」ここでも聞いて答えただけで終わらずに反応をしていきましょう。

最後に「何でも質問していいよ」に色んな候補が出てざわつきます。時間がなくて1つだけ。 「今までで一番嬉しかった、楽しかった事」 花井代表は諦めずにサッカーを始めた事を答えました。 「ろうだから無理」 「聞こえないからダメ」 こう言われてサッカーを諦めた子ども時代。 言われ続けたけど、やっぱり諦めなかった気持ち…。みんな真剣に聞いています。 学生時代の夢に対して「あなたには無理」は、聞こえる、聞こえないに関わらず、誰しも一度は言われた経験があるかもしれません。それは、何気ない一言だったのかもしれないし、心配と愛情の表現だったのかもしれません。でも、未成年の時に大人から言われる「無理だよ」は、本当に影響力がありますよね。 この言葉の罪と、やる前から無理だと諦めない精神を感じてもらえたら嬉しいなと思いました。 「若いから、大丈夫っていう甘い考えをして油断しないで。1日1日勝負っていう気持ちが大事!全ては自分次第」という花井代表からのメッセージを送ります。 今しかできないことも、今やっておくと後々役立つ事もたくさんあります。甘えて何となく過ごすのも、ネガティブに支配されて気苦労ばかりで過ごすのも、今を精一杯過ごすのも自分次第です。

「若いときの苦労は買ってでもせよ」のことわざの意味も、大人になってから身に染みます。培った経験や、体験、感じたことは未来の自分を作っていきますし、した方が良い苦労とは努力という言葉に置き換えられます。考えても仕方のない人間関係や過度な将来の不安は、気苦労でしかありません。

「全ては自分次第」の言葉が、今すぐじゃなくても全員に届けばいいな、と思います。

皆さんからの暖かい寄せ書きも頂いて、今年度のコミュニケーションの講義は終了です。 授業後、先生や有志の生徒さんにご協力頂いて「手話フォト」も撮影しました。楽しみにしていてくださいね!

読んでいただいてありがとうございます!


《 ♡ 》マークの応援クリックお願いします!

  • 201710161717
  • White Facebook Icon
  • White Twitter Icon
  • White Instagram Icon
  • White YouTube Icon
〒154-0004 東京都世田谷区太子堂 4-7-3 アルス三軒茶屋 203​
© 2017 HANAIプロダクション