• HANAIプロダクション

NA花井盛彦手話教室【NA】入門 6月12日(金)

こんばんは、スタッフの西島です。


今日の【NA】入門クラスは、数字からスタートです。

数字は表すのも、読み取るのも慣れが必要です。定期的に復習していきます。相手に問題を出す時は、先に頭に数字を思い浮かべ、一気にパパッと表現します。



次に「食べ物」をテーマに身振り手振りで表現し、正解がわかったら手話単語を教えてもらいます。


ステーキ、餃子、刺身、だんご、たこ焼き、お好み焼き、ハンバーグ。

餃子は皮を包むときのヒダの作り方でわかりますが、出来上がった餃子が大きく見えて「あれ?違うかな?」と不安になります。つい、相手に伝わりやすい様に…と親切心から大げさに表現してしまいがちですが、大きさや空間なども実物と違うと誤解やズレを招きます。注意が必要ですね。


その後、「どっち?(が好き?)」を質問です。 「アイスクリームとソフトクリーム」「牛、豚、鳥」「たこ焼きとお好み焼き」「ケーキとお酒」「お母さんとお父さん」。

会話の流れを大切にし、無駄な表現を省きます。 音声でのコミュニケーションで見ても「○○さん、アイスクリームとソフトクリームだとあなたはどっちが好きですか?」

名前を呼んでいるので、「あなた」ともう一度言わなくても良い気がします。 必要な手話単語は 「○○さん(ねぇねぇでもOK)」 「アイスクリームとソフトクリーム」 「好き」 これに表情とNMSを使って疑問型であることを表現します。 疑問型だと首を傾げる事だと思う人が多いですが、もちろん違います。顎を少し前に出し、左右に細かく首を振り、眉を少し上げましょう。

手話が初めての生徒さんも緊張もすっかりと解け、笑顔で終了です。 今日もお疲れ様でした。

読んでいただいてありがとうございます!


《 ♡ 》マークの応援クリックお願いします^^